便利なアプリについて知る 成長したいときに読む

【仕事術】人と差をつける情報収集力と無価値な情報との距離の置き方

2020/03/15

情報収集力は人と差をつける仕事術の一つです

なぜ情報収集について差がつくのか

情報格差などという言葉も存在しますが、情報というのは価値があるものもあれば、無価値なものもあります。

無価値なものからいかに遠ざかり、お金を稼ぐ力を伸ばす情報に近づく。

(この無価値なものから遠ざかるというのはめちゃくちゃ重要です)

私が日常的に非常に気を付けていることを軸に、情報収集について紹介したいと思います。

現在、多くの人の手元にはスマホまたはPCがあると思います。

その中で情報収集力の差となるのは何か簡単に整理をしてみたいと思います。

情報収集の起点

  • 自分の興味の範囲
  • 手元にある情報源の数

基本的な情報収集のスタート、つまり収集力はこのどちらかの要因によるのではないでしょうか。

自分の興味のある範囲であれば、とことんいろんな方法で調べると思います。

それだけ個人の調べる能力自体は、スマホ登場前後で非常に変化していると思います。

ですが、よくあることとして興味がある情報以外については入ってこない、またはどうでもいい情報を収集し続けるのではないでしょうか。

これが非常に厄介で、気づかないうちに自分に入ってくる情報は絞り込まれてしまい、結果、興味の範囲までも広がらないという状況に陥ります。

紙で見る視点とデジタルの情報収集方法の違い

視野を広げる時に、よく引き合いに出すのが紙の辞書と電子辞書です。

視点がどのように違うのか具体的に説明していきたいと思います。

例えば、businessという言葉を調べた場合、紙と電子辞書の差では、見える文字の範囲が違います。

紙の場合、businessと関係ない前後左右の全く関係ない言葉まで入ってきます。

↓こんな感じ

ところが電子辞書では、出てきても"business"と単語に直結する言葉が入ってくるくらいです。

視野を広げる方法は、このような視点に気づくことも大切です。

俯瞰的な情報収集することで、新たな視点や視野とともに自分の興味の範囲が広がっていきます。

この自分が興味がなかったことに「気づく」プロセスを生むきっかけを作る方法を今回紹介したいと思います。

情報収集の方法を整理する

情報収集力については、2つの要因があると書きましたが、次に具体的に情報収集の方法を見ていきたいと思います。

情報収集の基本的な方法

  • 友人・知人に聞く
  • スマホやPCで調べる
  • テレビ
  • SNS
  • 新聞
  • 本や資料

これが基本のスタンスになると思います。

今回は今からすぐに始められる

  • スマホやPCで調べる

これに焦点を置いて考えたいと思います。最後におまけで私が毎日見てるテレビ番組も書いておきます。

なぜなら、多くの人の手元に既にありすぐに良い影響を出せるからです。

キュレーション(情報収集系)アプリを使って情報収集をラクをする

ただし情報収集にオススメなのは一つだけ

NewsPicks一択です。

(↓クリックでそのままHPに飛べますので是非見てみてください。これは収益化していません。アフィリエイトではないただのリンクですので参照として是非ご覧ください)

他のキュレーションっぽいアプリは、ほぼ内容がYahooのブラウザと変わらないです。

業者っぽい書き方になってしまうのですが、NewsPicksの良さをまとめるとこんな感じです。

何が良いの

  • 国内外の主要なニュースをオンタイムで発信(経済を軸にしている)
  • テクノロジー・ビジネス・金融・政治・経済・キャリアが中心
  • 有料(月/1,400円)サービスがすごい

もう一つは著名なビジネスマンを中心に本名を晒した状態で、個人としての発信が各記事に対してあります。

これは自分の視野や考え・視点について、頭の中で議論をするシミュレーションの機会となるためとても良いです。(私は勝手に各人と脳内ディベートをしています)

また、色々な考えがあるのだという気づきの機会にもなります。

私は月1,400円払って購読していますが、投資効果としては非常に良いと考えています。

この有料サービスの私がいいなと思っている部分は、

NewsPicks、ココがすごい

  • 世の中のすごい人の特集記事が面白い(ビジネスマン中心)/ほぼ毎日更新
  • 独自視点の独自記事が面白い(テクノロジーや経済・最新のトレンド)/ほぼ毎日更新
  • プレゼン表現がすばらしい(インフォグラフィック(wikipedia)というものです)

本1冊/月の値段でこの情報量は投資金額としては安いと思います。

正直、1つの特集記事だけでも投資額としては回収できる質だと思います。

最後のプレゼン表現については、人に伝えるため、人に伝わりやすいメッセージをこちらサイドとしてどのようにして使ったら良いのかという視点の回収ができます。

それを自分も自身のプレゼンにも近しい表現を再現できるのは学びの効果としても非常に大きいです。

徹底的にパクることの重要性とその学習方法で加速度的に成長する↓

スーパーEメールトレーニング〜ニートがなぜスーパーマンたちと働けるか

続きを見る

無料でも十分視野が広がるので是非使ってみてください。

価値を生まないものから遠ざかる・やめる

同時にものすごいディスり方をしますが、ブラウザ系やその他のキュレーションアプリは「エンタメ」(芸能ニュース?)や「噂話」などが中心です。

これはお金につながりません。稼ぐ力とは全く逆方向の人の時間をただ奪い、何も生み出さない行為を生み出します。

ですので、余計な情報が入ってこない時点でも情報収集としては、非常に差がつきます。

お金を稼ぐ能力を引き伸ばすなら、こうした情報から離れることも重要な行動です。

芸能ニュースを延々と話す経営者さんもいらっしゃるかもしれませんが、少なくとも私の身の回りではいませんし、ビジネスを成功させる上では必要としていません。

もし、見るとするなら、このニュースを見ましょう

もしテレビでニュースを見るなら、WBS(ワールドビジネスサテライト:テレビ東京)!

先ほどのキュレーションアプリと軸は一緒です。

経済を軸に世界がどのように回っているか最初の15分で色んなことを要約して伝えてくれるので、15分でも良いので、情報収集をしてみてください。*

*情報の質やフリップが誤っている時があるなどは置いておいて(笑)

その他のテレビのニュースは、一つの特集に時間をかけすぎているため私は若干苦手です。(ただの好みの問題)

人と差をつける情報収集:まとめ

アプリならNewsPicks一択です。

人生や時間は有限です。無駄な情報に時間を割かれることが最ももったいない行為だと思います。

何かをはじめると同時にやめるという行為が実は自分の新たな時間を生み、情報収集するきっかけにもなるといいなぁと感じています。

-便利なアプリについて知る, 成長したいときに読む

Copyright© 逆転ニート , 2020 All Rights Reserved.