勉強方法 成長したいときに読む 英語の勉強

【英語】私の語学力と学習方法

2020/03/03

現在の英語力と学習方法

ビジネスで使用し続けて10年以上

現在私は外資系金融企業に勤めています。公用語は英語です。

毎日海外の同僚や日本にいる外国人の同僚と英語で仕事をしています。

 

20歳になる年までニートをしていたとはいえ、現在、英語を使いながらお金をもらえるようになって、ありがたいことに13,4年経っています。

英語の勉強を始めて1年後に受けたTOEICの点数は800点くらいでした。その頃に合格したのは英検で準1級でした。

現在、振り返るとどちらも微妙ですね笑

当時、英語がよくわかっていなくてもこの点数だったので、TOEICや英検準1級くらいでは、1日中仕事で使う英語力を測る能力としてはあまり参考にならない印象です。

最近全く受けていないのでわかりませんが、おそらくTOEICは受ければ満点かほぼ満点あたりになると思います。

 

わかりやすい指針となる点数がなく申し訳ないのですが現在の外部環境は以下のような状況です。

  • ボスはアメリカ人
  • 国内にいるチームの同僚もほとんど外国人+日本人も英語話者
  • そのため公用語は英語(会議・資料その他)
  • 世界中のチーム(世界中のクセのある英語)と仕事をしており公用語は英語

これが現在の私の外部環境です。

学生時代と圧倒的に違うのは、英語の質と量が格段に上がっているという点です。

英語がよくわかっていないTOEIC800点の段階でも、海外から留学生に

「英語上手だね」「何年留学していたの?」

と言ってもらえるくらいだったので、そこそこ英語ができたのだと思いますが今は、

「何年留学していたの?」や「英語上手だね」

と言われることはなくなりました。

これは、学生時代の先生にも言われましたが、当たり前に言語を話せる人に対して、

「「上手だね。」とは使わない。何も触れられなくなるのが本当に上手くなった時」

と言われたことをよく思い出します。

ですが、現在、みなさんに伝わる英語力としてシェアできるものが明確にないので、TOEICの受験などはしてみようかなと思います。

英語以外の語学力

ニート明けの学生時代は、学びに飢えていたため、非常に多くの言葉を同時に勉強していました。

最大で10か国語くらいまで、挨拶、感謝、自己紹介、雑談。くらいまでできたのですが、今はスペイン語と中国語を継続して学んでいるくらいです。

スペイン語は、スペイン語話者が喋っていることを単語で捕まえて、何を言っているかわかるか、わからないレベルなので大したことないです。

中国語は、マンダリンをやっていて、こちらも大したことないです。

どうやって英語を学んだか

一部学習プロセスを赤ちゃんと同じにしました

赤ちゃんが話し始めるプロセスを思い出して欲しいのですが、ものすごいたくさん失敗する期間があると思います。

これは喃語なんご(バブーバブーみたいなやつ)の時期などにあたります。

英語を学んだ日本人に圧倒的に不足しているのは、アウトプットです。(特に失敗するプロセス)

中高の6年間英語の授業で学んだにもかかわらず、読めるが話せない人が誕生するのは、実際に自分の言葉で話す練習をしていないからです。

同じ方向に向かって座り

同じものを読み

同じものの一部を交代で音読する。

おそらくこれが大部分の人が受けてきた教育だと思います。

これでは、自分が思ったことは話せません。

というか、話し方を知らないはずです。

そこで、20歳ニートだった私は、せっかく言語を学ぶなら、使える英語にしよう。

ということで、言語を学習するプロセスを考えてみました。

(私は言語研究者じゃないので、ただ考えただけです)

そこで取ったのが赤ちゃんと同じプロセスです。

赤ちゃんは言葉を喋れるようになるまで、1万時間を費やすそうです。

3歳までの起きている総時間が1万時間だそうです。

それをまとめて、だいたい1万時間で言語を学び、話せるようになるというのが一般的な考え方だそうです。

我々は既に文字が読める大人なので、もう少し合理的にいきましょう。

既に言葉としての意味を捉えられるという非常に高度な段階にいます。

ですので単語をたくさん積み上げ、それを失敗覚悟で喋りまくる。

そこが我々の言語学習のスタートです。

ただ恥ずかしいから、まず自分だけで独り言で部屋で練習する。

そして、外でも練習だと思って、失敗してみる。

具体的には以下のような形です。

 

例文がついている単語帳(例えば、初心者英会話みたいな本)を一冊選びましょう

  1. 例文を見ながら、部屋で一人で音読(例文を覚えた!と自分が思う回数くらいで良いです)
  2. 例文を見ないで、部屋で一人で暗唱(#1と#2のプロセスを交互にやってもいいと思います)
  3. 現場で使ってみる
  4. 失敗してくる
  5. 部屋で例文を見て復習
  6. 現場で使ってみる

言語習得のプロセスは、ただこの繰り返しだと思います。

オススメの本についてはこちらでまとめています。

【英語】英語学習オススメの本まとめ

続きを見る

 

そして、多くの人が、「現場ってどこ?」て思うと思うのですが、現在、職場以外にもたくさんのオンラインレッスンがあると思います。

英語力を伸ばしたいのであれば、身近に英語話者がいない場合はこうしたケースを自分で作ることも必要だと思います。

断言しますが使わない限り、絶対に上手くなりません。

そして、使わないとどんどん下手になります。(私は毎回、家族と過ごす長期休暇明けが大変です涙)

 

レアジョブでオンライン英会話〜外資で米国人の上司を持つ私が勧める勉強法

続きを見る

 

英語が苦手な人は「出川イングリッシュ」を参考にした方がいい

賛否両論あると思います笑!

何を参考にした方が良いかというのは、あの出川さんのメンタル。

テレビだからだと言うのはあると思いますが、イッテQで、めげずくじけず数時間掛けて、目的地にたどりつく、あれがまさに赤ちゃんプロセスで学ぶ時に必要なメンタリティです。

超大事だよ、これ!」

と妻(アメリカ歴居住5年の帰国子女)と家族に言っています。

 

英語だけでなく言葉を学ぶ大切さ

日本人は、どうしても減点方式で評価されてきたので、どうしても失敗を恐れがちですが、この失敗から学ぶ思想・姿勢を語学学習から取り入れられると、様々なところで新たな学びがあると思っています。

言葉はあなたを色んな文化や人とつなげてくれます。

近い将来テクノロジーで、語学のハードルではなくなると思いますが、自分の力で習得し、自分の力で想いを伝えられるという感動は、テクノロジーでは補完してくれないと思います。

また、新しい語学を学ぶと同時に日本語も美しくなるものです。

日本語も大切にしながら、新しい言語を学んで欲しいと思っています。

英語以外のおまけ

 

タイトルがダサい(あえてダサくしました)ですが、めちゃくちゃ実践的だと自分で思っています。

語学だけじゃなく、ありとあらゆる学びのタッチポイントで使えると思います。

来年の今頃(2020/3/4)、下の記事のタイトルが流行ってたら、私の先見の明を褒めてください笑

 

スーパーEメールトレーニング〜ニートがなぜスーパーマンたちと働けるか

続きを見る

-勉強方法, 成長したいときに読む, 英語の勉強

Copyright© 逆転ニート , 2020 All Rights Reserved.